【美髪】髪は女の命です!

こんばんは、ぐうたら姉御こと、しずくです。

毎回毎回、自分で「ぐうたら」っていうのもアレなんですが(;・∀・)

でも、私のモットーは

「美容を、頑張りすぎない!」

なので、これからもしつこく言わせていただきます(笑)

 

早速ですが、今日は「」のおはなしです(*´ω`*)

最後まで、どうぞおつきあいください♪

やりすぎな美髪

「髪は女性の命です」とは、よく言った!

↑上の写真、ちょっと面白かったのでネタで使いました(笑)

 

「これ、前、全然見えてへんやん!」

 

って感じの、「ヘアドライヤーなう。」の写真ですね(笑)

 

でも、髪の毛長い女性なら、わかりますよね( ´∀`)b

・・・確かに、適当に乾かすと、この写真のような図にな・・・

 

いや、さすがにこれはならない(笑)

 

まあまあ・・・この写真のネタについては、一旦横に置いといて・・・

 

髪は女性の命!って昔からよく言いますが、何で読んだかは忘れましたが、

「顔の造作が整っているかそうでないか」

よりも、

「ヘアスタイルが似合っているか、似合っていないか」のほうが、ずっと、相手に与える印象に影響を与えるそう。

 

そう言われて考えてみると、確かに・・・

今まで「すっごい可愛い!」って思ってた女優さんとかが、バッサリ髪を切った途端、ちょっと普通の人っぽく見えたり、

逆に、地味めで、そこまで注目してなかったコが、ちょっとヘアスタイルを変えたり、茶髪にしただけで、ぐっと綺麗に見えたり。

 

そういう意味で、ヘアスタイルって大事ですね。

そして、もちろん、ヘアスタイルだけではなく、髪質も大事

ツヤのある、健康的な髪の毛を目指したいものです(*´ω`)

 

ワタクシしずくの、ヘアケア

私の髪質は、もともと、すっごい猫っ毛

細くて、コシがなく、そのせいで「髪の量が少なく見える」とよく言われていました。

(↑仲の良い美容師さんに聞いたところ、細いせいで量が少なそうに見えるだけで、実際には普通の量だそう)

 

髪の毛の量が多い方って、

「髪が多いから、まとまらないし、いつも大変!」

っておっしゃるんですけど、私の場合はそれが逆にずっと羨ましかったです。

 

髪の量が少ない(←ように見える)から、ちゃんとスタイリングをしないと、ぺっちゃんこになってしまい、全然ヘアスタイルがキマらない・・・

 

といつも嘆いていました(´・ω・`)

髪の量の多い友達からは、逆に羨ましがられてたんですけどね。

人間、ないものねだりですよね(苦笑)

 

そんな私のヘアケアは、昔からシンプル

洗髪後にオイルをつけるとか、試してはみるものの、「余計にぺっちゃんこ」に見えるため、すぐ挫折。

結局、シャンプーして、トリートメントして、そして乾かす・・・そんな感じのケアに落ち着きがちでした。

 

「乾いた状態の髪につける、洗い流さないトリートメント」とかも、よくドラッグストアでみかけては、試してみるのですが・・・

それもやっぱり、なんだかペッチャリするし、ベタつきが気になる感じがして、結局使わなく。(笑)

 

「なんだー。じゃあ、しずくさんのヘアケア法って言っても、特にないじゃない」

って思われそうですが、一応気をつけていることはあります。

 

髪を濡らす前に、ブラッシングをする

頭皮の汚れなんかを、あらかじめ浮かせておくために、(時間的に余裕がある時は)まず最初に、髪が乾いた状態で

ブラッシングをして髪を梳かしてます。

もともと、細くてからみやすい毛質なので、これをやっておくのとやらないのとでは、シャンプーの時の手間が全然違います(゚д゚)!

梳かす時は、毛先のほうからほぐして、出来るだけ引っ張らないように気をつけて。

 

 

シャンプーの前には、出来るだけ予洗いを

次は、シャンプーの前に、髪を濡らしてから、何もつけずにお湯で頭皮を、マッサージしながら洗ってます。

これ「予洗い」っていうらしいんですが、頭皮についている汚れやら脂やらを、そうやってシャンプー前にあらかじめ洗い流しておくのって大事!

 

頭皮の適度なマッサージにもなるし、シャンプーの泡立ちも全然違います( ´∀`)b

 

トリートメントは、きっちり洗い流す

なんか、中途半端に頭皮やら髪にベターっとした感触が残るのがイヤで、トリートメントもきっちり、シャワーで洗い流すようにしています。

私が使っているトリートメントが「きっちり洗い流してくださいね系」なせいもあるかもしれませんが、洗い流すまでに少し時間を置いて髪に浸透させておけば、ちゃんと洗い流してもキシキシしないです。

 

(私が使ってるシャンプーやトリートメントも、そのうち紹介しますね( ´∀`)b)

 

バスタイムの後は、タオルドライを丁寧に!

後からドライヤーできっちり乾かしますが、その前に「タオルドライ」で、水滴をほぼちゃんと拭き取るように気をつけてます。

濡れた状態の髪の毛は、とってもデリケート。

だから、タオルでゴシゴシッ!とやらずに、丁寧に、包み込むようにしてます。

(ゴシゴシッてやりたくなってしまいますが、そこは頑張って押さえましょう(笑))

 

ドライヤーは近づけすぎず!

ドライヤーを使う時は、思わず髪の毛にグーンと近づけてしまいそうになりますが、濡れた髪に熱を加えるのって、やっぱり

髪にとって、すごくダメージになりそうな気が(;´∀`)

なので、適度な距離を保って、ドライヤーを髪に近づけすぎないように気をつけて乾かしてます。

(だいたい20センチくらいかな?)

 

ドライヤーは、上から下に

髪の毛のキューティクルを傷つけないようにするため、ドライヤーを当てる方向も大切。

基本は、髪の根元から毛先に向ける方向でかけてます。

逆に、下から上にかけてしまうと、髪のダメージが大きくなるそう。

 

髪の毛、切りたいけど切れない症候群

今の私の髪の長さは、背中の真ん中あたり。

ここ数年で、一番長く伸ばしてる感じかも。

 

もともと「ショートが似合う」と言われているし、自分の性格的にも、ショートとかのほうが合ってる気がする・・・のですが、

コレまた無いものねだりか、

 

「髪を短くすると、長い人が羨ましくなる」

し、

「髪を伸ばして長くなると、ショートヘアのさっぱりした人が羨ましくなる」

のです(笑)

 

今は、旅行やら出張やらで、まあまあ出かけることも多いので、

「くくれたほうがラクだろう」

と思い伸ばしているところ。

 

でも、そろそろ飽きてきたし、ザクッと切りたい・・・けど、せっかくここまで伸ばしたのに、もったいないー!!!!

 

完全に、「髪の毛、切りたいけど切れない症候群」です(^ ^;

 

またそのうち、何かの弾みで短くばっさり切ってしまうかもですが、今のところ、現状維持(っていうより、さらに伸び中)。

 

せっかく長いのなら、それなりに手入れをしておかないと、

 

「ただのボサボサ頭」

 

になるので、これからも頑張ってヘアケアに力を入れて、美髪を保ち続けたいものです。

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

コメントを残す